プロフィール

東俊介

Author:東俊介
元大崎電気ハンドボール部
元日本代表キャプテン
1975年生まれ

皆さんこんにちは。
この度シュータスのHPで「アズマイズム」と題したブログを公開させていただくことになりました。
「ism」とは主義や主張、学説などのことをいいます。
つまり「アズマイズム」とは僕の主義、主張です。
ハンドボールを始め、様々なスポーツや出来事について僕が日々感じ、考えた事などを徒然なるままに書きつづっていきたいと思いますので、シュータスのHPを訪れた際には是非ともついでにのぞいていって下さいね。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barca! Barca! Barca!

皆さんこんばんは。





先日のクラブW杯準決勝、

クラブアメリカ戦での

バルサ(FCバルセロナ)には

心から楽しませていただきました東です。

(12/14(木) 横浜国際総合競技場

FCバルセロナ4-0クラブアメリカ)



ロナウジーニョはもちろん、

デコやジュリの華麗な個人技と

プジョルやザンブロッタの堅いDF。

(あのメンバーに本来ならエトーやメッシ、

テュラムまでいるんだからな~・・・)

そして全員が心からプレーを楽しんでいる雰囲気。

ホントにバルサのサッカーは観ていて面白いですよね!

(クラブアメリカのブランコのプレーも凄かった!)



そんな並み居るスタープレーヤー達の

華やかなプレーに目を奪われながらも、

僕が一番凄いな~と感じたのは、

トラップやダイレクトパスの精度です。



基本がしっかりしているからこそ

華やかなプレーが出来るんでしょうが、

どの選手もその基本的な技術のレベルが恐ろしく高い!



雨の降りしきる悪コンディションの中、

まるで磁石でもついているかのように

ボールを足元にピタッと止めたり、

トラップ自体をフェイントに使ったりと

自由自在にボールを操ってましたもんね。

(あんなに上手くプレー出来たら楽しいだろうなぁ・・・)



また、ダイレクトパスに対する

ボールを持っていない選手の

動き出し方などを見ていると、

非常に高いレベルでイマジネーションの

共有がされている事がわかります。←知ったかぶり



本当にバルサってのは、強さと面白さを両立している

稀有なチームなんだなぁと実感させられましたね。

(何を今さらって感じなんですけど)



改めて僕たち大崎も強いだけではなく、

見ていて心から楽しめるチームになれるよう

頑張っていかなくちゃな~と思いました。







・・・え?





まずは強くなってくれ??





そりゃまた、ごもっともなお話で・・・









~バルサ気分~





さて。



僕がバルサのファンになったのは今年の1月。



世界選手権のアジア予選(バンコク)に向けた

スペインでの強化合宿に参加した際に

カンプ・ノウ(バルサのホームスタジアム)で

バルサとアラベスの試合を観戦してからなんですが、←にわか

 

(旧アズマイズム #0132 ご用心 参照)

それからというもの、大して興味のなかった

UEFAチャンピオンズリーグなんかも

録画までして熱心に観るようになっちゃいましたから、

やっぱり「生」の影響力ってのはスゴいもんですよね。

(僕がミーハーなだけですかね?)





えー、そんなワケで←唐突

今日はちょっと風があるんですけど、

カミさんの実家の近所の公園を散歩してみました。





久しぶりのバルサのニットキャップで、

バルサの応援歌を口ずさみながら・・・←パクリ

 





口ずさみながら・・・





口ずさみ・・・?





あれ??





バルサの応援歌って、

どんなんだったっけ???







♪ すみずみまで効く~ 





・・・って、こりゃバルサンの歌か?!







フォッフォッフォッフォ・・・ 





は、バルタンだしなぁ。←無理矢理







♪ アーイアイ アーイアイ アーイアイ アーイアイ





・・・は、おさるさんか。←全然違う







・・・てゆーか、バルサって何だったっけ???







脱税を取り締まる職業?←マルサ





ラテン音楽??←サルサ





バミューダトライアングルで

有名な魔の海域???←サルガッソー

(もはや全く関係ない)







あー、どーしても思いだせねーから、

ユウヤにでも電話して聞いてみようっと。



どーせ、しょーもねー事で電話してくんな!

くたばれ!!!って言われるだろうけど。







それでは、今日はこのへんで。









P・S



昨日からカミさんの実家のある

千葉県は勝浦まで遊びに行ってきました。



武大生なら一度は食べたことがあるだろう

学生時代の思い出の味、「ニラ定」を

久しぶりに食べてきましたが、やっぱり美味い!

 

(実際にはこれにマヨネーズをたっぷりとかけて、

お好みで少々ラー油をたらして食べるのが武大流)



ニラとひき肉を炒めただけのもんなのに、←違うのか?

家で作ってもどーしても同じ味に出来ないんですよね~





そうそう。



楢崎さん、みかんどーもありがとうございました!

(むちゃむちゃ甘いっす!!!)

ウチは夫婦揃ってみかんが

大好きなので最高に嬉しいです。

また、奥様と試合を観にいらして下さいね。



あと、上田さんはラーメンありがとうございます!

今度はお店に食べに行きたいです。

函館の皆さんは是非とも「らーめんりきや」に。

きっと岩本さんや永島なんかの裏話も聞けると思いますよ!

 










スポンサーサイト

コメント

Himno

 初めまして、東選手。
 今まで自分のブログのほうで何回もこちらを参照させ
ていただいていましたが、何のコメントもなしで本当に
すみませんでした。
 
 今回メッセージを残したのは2つの件をお伝えした
いからなのですが…。余計なことかと思いましたが、
田場さんに怒られなくてすむかと…(あ、もう既に
電話してしまっていたりして)。

<バルサの応援歌がわかるURL>
歌詞 http://www.webdelcule.com/varios/himno.html
映像と歌 http://youtube.com/watch?v=u1i4hM1a2gE

 それから、先日のハンソクをトラックバックさせて
ください。

 いつも楽しく読ませていただいています。
 今後とも(トラックバック等…)何卒よろしくお願い
いたします。

歌詞が・・・???(読めない;;)

Barca!Barca!Baaaarca!!!!
(↑yukiさんの映像と歌詞見ました。)
私もあの試合見てましたが、
あの雨でもパスがすごいですよね!!
メッシとかいたらどんな試合になってたことか。
ロナウジーニョもすごいけど、
デコが全部アシストしてるし、最強です!!
今日はいよいよ決勝ですね。
今週は亀田の試合もあるし、全日本総合もあるし、
おもしろい1週間だな~!

#001 『わかるわかる♪』

いや~、懐いっすね♪ 「ニラ定」。はじめて行った時は周りの先輩がうまいうまいってあまりにもハードルをあげるもんだから感動はなかったですが、回を増すごとに、そのカリスマ性にやられてったって感じですね~。その証拠にニラ定の画像を見ただけで「あ、ニラ定だ♪」

先ほど、決勝戦を見て、
感動してました。。。
普段からの練習のたまもの?
一流選手にはプレーにも余裕を感じますね。

001

いや~、懐いっすね♪ 

「ニラ定」。

はじめて行った時は周りの先輩がうまいうまいってあまりにもハードルをあげるもんだから感動はなかったですが、回を増すごとに、そのカリスマ性にやられてったって感じですね~。
武大生は、お店の正式名称(どさん子××店だったかな?)があるにもかかわらず、ずっと「ニラ定」行こう!が定着してて、韓国人がキムチをたべるなら武大正はニラ定を食う!と言ううぐらい(??)文化化してました。
その証拠にニラ定の画像を見ただけで「あ、ニラ定だ♪」なんて興奮気味!

でも、1つ気がかりなことがありまして、僕の卒業間際に(東選手の2つ下です。)世代交代の時期がありまして、突然見知らぬ男が厨房で、僕の頼んだ「ニラ定」を作りはじめたのですが(後の、武大新聞によるとニラ定店主の息子と判明。)、その味が全然違うことに落胆して帰ったという事がありました(でも、もちろん、大盛り完食)。炒めるだけに思っていた「ニラ定」の奥深さを考えさせられました。

その後の、僕は卒業してしまい「ニラ定」味は次世代に伝えられたのかは確認していません。このままでは、結婚すらできません(←自己責任!)どうか「ニラ定」のその後を教えて下さい。(※探偵ナイトスクープの依頼者風に読むこと)

P.S 宮崎大輔選手が未だに“国際武道大学”だって言ってるのに“国際武術大学”といいます(怒) …バカにしてますよね?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaism.blog77.fc2.com/tb.php/22-5a4dc348

インテルナシオナウが優勝:FIFAクラブ・ワールドカップ・ジャパン2006

恐らく、世界中のメディアの殆んどは、ロナウジーニョ率いるバルセロナが優勝すると思っていただろう。しかし、それがかえってインテルナシオナウ(インテルナシオナル)に良い結果をもたらしたもたらした。バルセロナは強いプレッシャーを感じていたのかもしれない。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。