プロフィール

東俊介

Author:東俊介
元大崎電気ハンドボール部
元日本代表キャプテン
1975年生まれ

皆さんこんにちは。
この度シュータスのHPで「アズマイズム」と題したブログを公開させていただくことになりました。
「ism」とは主義や主張、学説などのことをいいます。
つまり「アズマイズム」とは僕の主義、主張です。
ハンドボールを始め、様々なスポーツや出来事について僕が日々感じ、考えた事などを徒然なるままに書きつづっていきたいと思いますので、シュータスのHPを訪れた際には是非ともついでにのぞいていって下さいね。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ子の魂

皆さんお久しぶりです。


最近とんとブログを更新しておらず、
長い文章が書けなくなってまいりました東です。


本日は愛息・大輔の
三度目の誕生日です。
(大輔が産まれた時の記事はコチラ



僕が息子に「大輔」と名付けたのには
長くともにプレーしてきた
宮崎大輔選手のように
明るく真っ直ぐで、
常に努力を欠かさない
男に育ってほしいという想いと、
世の中には著名な大輔さんが
数多くいらっしゃいますが、
その中でも「大輔といえばアズマ」と
言われるくらいの大きな人間に
なってほしいという願いが込められています。


昨年秋。


新聞の中に大学院の同期生である
桑田真澄さんの名前を見つけました。


野球中継での桑田さんと立浪さんの解説に
野球のみならず一般社会にも通じるモノの考え方や
毎日の生活に取り組む姿勢など
心に留めるべき言葉がたくさんあり、
野球を楽しみながら自己啓発になったと
75歳の男性が投書なさった記事でした。
桑田さん新聞


人生経験の豊富な75歳の方に
このように言わしめる解説が
どの様なものだったのか、
残念ながら僕は見られていないのですが、
とても嬉しくなって桑田さんに
記事の写真をメールしました。


その時、桑田さんは
ボストンレッドソックスで活躍する
松坂大輔選手の自宅にいらっしゃいました。


自らと同じく甲子園で活躍し、
チームは違えど18番を背負った後輩が
自らと同じ肘の手術を受けた事で
何かアドバイス出来ればと渡米したとの事でした。


松坂選手といえばWBCでの
二大会連続MVPをはじめ、
数々の伝説を持つ大輔の中の大輔。


大輔界の頂点に立つ方です。
(僕の独断と偏見によります)


僕は悩みに悩んだ挙句、
こんな機会は二度とないと考え、
大変失礼な事を承知の上で
桑田さんに息子の名前の由来を説明し、
松坂選手からサインを
貰っていただける様お願いしました。


その日、桑田さんから
返信はありませんでした。


僕は気分を害してしまったのだろうなと反省しました。


早稲田大学院に通い、
桑田さんと過ごした一年間、
写真やサインを頼まれる姿を
幾度となく目にしてきました。


桑田さんは道を歩いていても、
お店で食事をしていても、
常に注目される存在でした。


桑田さんは、その一つひとつを
決して断ろうとはしませんでした。


一度、これだけサインや写真を頼まれたら
嫌になりませんか?と聞いた事があります。


桑田さんは、自分が一緒に写真を撮ったり
サインをするだけでその人が喜んでくれたなら
それはええ事やん、とにっこり笑いました。


僕はそんな桑田さんの
人柄に甘えてしまったのだろう、
そして、同期生として、人間として
決してしてはならないことを
してしまったのだと思いました。


桑田さん自身のサインを頼むのならまだしも
他の選手のサインをお願いするなんて。


申し訳なさと情けなさで自己嫌悪に陥りましたが、
何と連絡していいのかわからず、時は過ぎました。


冬になり、大学院の同期の集まりで
桑田さんにお会いする機会がありました。


僕が先日は失礼なお願いをして
申し訳ありませんでしたと謝罪すると、
桑田さんはにっこりと笑い、
今日はラーメンマンに
プレゼントがあるといい、
紙袋を手渡してくれました。
(桑田さんは僕の事を
ラーメンマンと呼ぶのです)


中身は松坂選手のサインボールでした。


しかも、真新しいボールではなく、
汚れの付いたメジャーリーグの公式球。
(恐れ多くてどんなボールなのか
未だに聞けていないですが)


驚き、恐縮する僕に、
「遅くなってごめんやで」
と言った桑田さんの心遣いに
涙がこぼれました。


そして、おそらく桑田さんの同期生のためならと
貴重なボールを提供していただいた
松坂選手と桑田さんの繋がりにも心を打たれました。


今日、そのボールを
息子にプレゼントしました。


本当の価値がわかるようになるには
まだ時間がかかるかも知れませんが、
このボールに込められた想いは伝わると信じて。


大輔。


お前に桑田さんや松坂選手の様な立派で
有名な人間になってくれとは言わない。


ただ、桑田さんや松坂選手の様に
人を思いやり、仲間を大切にする
温かい心を持った人間になってくれ。


誕生日、おめでとう。
サインボール




P.S.

日本ハンドボールリーグ開幕戦
大崎電気オーソルVS豊田合成ブルーファルコンのお誘い

今年もいよいよ日本ハンドボールリーグが開幕します!

エース・宮崎大輔を始め、
日本代表がずらりと揃った分厚い選手層に
大学No.1プレーヤーの呼び声も高かった
ルーキー・信太弘樹を加え、
7月の社会人選手権を制した大崎電気オーソルと
若き司令塔・野田祐希や日本代表にも名を連ねる
ポスト・中村晃己を中心に初のプレーオフ進出を狙う
豊田合成ブルーファルコンとの見逃せない一戦。

走り、跳び、投げて、ぶつかり合う
総合格闘球技・ハンドボールの
醍醐味をナマで感じるべし!

詳細は以下の通りです。

是非、会場にいらしてください!

日時:9月1日(土)14:00

会場:埼玉県和光市総合体育館(池袋より20分)

チケット:一般2,000円、中高生1,000円、小学生500円



スポンサーサイト

コメント

お久しぶりの更新に・・・ありがとうございます

ご無沙汰しています。覚えていらっしゃるでしょうか?

また、今回のストーリーも東さんらしいし、桑田さんらしい・・・と思いました。我が息子たちも、「人を思いやり、仲間を大切にする温かい心を持った人間に」と、東さんと同じことを思います。

息子は春に練習中、足を骨折してしまい、しばらくクララ状態でした。ようやく復活して、ハンドができる喜びをかみしめているようです。骨折中、周りの仲間からたくさんの思いやりをもらって、親としては、いい経験だったと思っています。思いやりはきちんと思いやりで返すのだとか・・・。怪我は繰り返さないで欲しいですけど・・・。

もうすぐ、リーグ開幕、楽しみです!!


オリンピック出るには、メダルと言う結果「最低でも入賞」を残さなきゃいけないです。

30年近く韓国に勝てない日本代表は、大問題だと確信しました。 

ブログも楽しみにしています!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaism.blog77.fc2.com/tb.php/211-a083b7ac

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。