プロフィール

東俊介

Author:東俊介
元大崎電気ハンドボール部
元日本代表キャプテン
1975年生まれ

皆さんこんにちは。
この度シュータスのHPで「アズマイズム」と題したブログを公開させていただくことになりました。
「ism」とは主義や主張、学説などのことをいいます。
つまり「アズマイズム」とは僕の主義、主張です。
ハンドボールを始め、様々なスポーツや出来事について僕が日々感じ、考えた事などを徒然なるままに書きつづっていきたいと思いますので、シュータスのHPを訪れた際には是非ともついでにのぞいていって下さいね。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011

皆さんこんばんは。


2011年もあっという間に大晦日。

今年は震災をはじめ
様々な出来事があったため
例年以上に過ぎるのが
早かったと感じている方も
多いのではないでしょうか。

激動の2011年も残すところ
僅かとなりましたが、一年間を振り返り、
お世話になった方々へ感謝して
また新たな一年に向かいたいと考えております
三度目の年男を無事に終えました
ウサギ年のおとめ座が似合う東です。


さて。


それでは、早速一年を
振り返りたいと思います。




~ 2011年を振り返る① ~


1月3日。

東京ドームにてライスボウル観戦。

アメリカンフットボール
日本一を決める試合の
規模の大きさに驚きました。
(結果はオービックシーガルズが
立命館パンサーズに24-0で勝利)
2011123101.jpg
(入場口には長蛇の列が)
2011123102.jpg
(東京ドームが満員に!)

ただ、関係者に話を伺うと
1月3日に東京ドームに
あれだけの観客を集める競技でありながら、
有料入場者数は惨憺たる状況だとの事。

日本の企業スポーツの
問題点を表していると感じましたね。




1月9日。

2004年の埼玉国体で
初めてハンドボールに触れた
大同応援団長・フェニックスマンさんや
八潮市役所の皆様方が立ち上げた
YHCエイトの一員として埼玉県の社会人
オープントーナメント・三国カップに出場。
無事に二回戦勝利!
三年越しの約束が果たせました。

皆様ありがとうございました!
2011123103.jpg
(YHCエイトの皆様と)




1月10日。

スポーツ昭和50年会でお世話になった
フットプロム代表・藤間洋介さんのご紹介で
フットサルクラブ・シンドバット座間
メンバーにハンドボールを体験していただきました。
(フットプロムとは
「究極の1on1フットボール」。
詳しくはWebをご覧下さい!)

普段フットサルとサッカーを
プレーしており、ハンドボールは
初めてプレーするという
メンバーがほとんどでしたが、
かなりの寒空にも関わらず、
みんな楽しくプレーしてくれました。

ハンドボールとフットサルは
同じコート、同じゴールでプレー出来ます。

詳しくはまた別の機会に書きたいと思いますが、
ハンドボールをプレーする事で
フットサルやサッカーを
プレーする際にも良い影響が与えられるはず。

各地に気軽にプレー出来る
インフラが整備されている
フットサルとの連携は
ハンドボール界にとって
今後非常に重要な位置を占めると思います。




1月18日。

富士見市教育委員会主催の
研修会の講師を務めてきました。

テーマは「生涯スポーツと学校体育の充実」。

聴講にいらした現場の先生方の
情熱に非常に刺激を受けました。

ご紹介いただいた谷澤さん、
いつもありがとうございます。




2月4日。

後楽園ホールにて
安田忠夫引退記念興行開催。

いつもお世話になっている
ノンフィクションライター・田崎健太さんが
主催したこの興行は開催前から
様々な問題・課題が山積していました。

プロレス業界からは成功する訳がないと
冷ややかな目で見られていましたが、
当日は平日にも関わらず
満員の観客が会場に詰め掛けました。

主催者の田崎さんを
失敗させる訳にはいかない。

何より、安田さんの引退を
華々しく飾りたいとの思いが
多くの人を動かし、
素晴らしい興行になったと思います。

その後、紆余曲折がありましたが、
あの日の感動は今も色褪せません。

いつかまた安田さんと
笑顔で会える日が来れば
素敵だなあと思っています。
2011123104.jpg
(全試合終了後の控室にて)




2月5日。

名古屋にて日本代表で大変お世話になった
元ホンダの羽賀太一さんの結婚式に出席。

ホンダをはじめハンドボール界の
名選手がずらりと揃った中で
友人代表の挨拶をさせていただきました。
2011123106.jpg
(元大同フェニックスキャプテンの
松林克明選手&世界のMVPに
ノミネートされた事もある
ホンダの伝説的な名GK・橋本行弘さんと)

普段は原稿を用意などしないのですが、
号泣して話せなくなるといけないので、
生まれて初めて原稿を読みながら
スピーチさせていただきました。

世界選手権直前の
フランス合宿で落選した時に
僕のために泣いてくれた太一さん。
(旧アズマイズム #0038「Life is…」参照)
僕は太一さんがいなければ、
きっと落選のショックに
潰されてしまったのではないかと思います。

そんな大好きな尊敬する
先輩の結婚式で
挨拶させてもらえるなんて
僕は本当に果報者だと思います。

太一さん、規子さん、末永くお幸せに!
2011123105.jpg




2月6日。

大阪まで日本ハンドボールリーグ
大崎オーソル×湧永レオリックの応援に。

いつもお世話になっている
きみこ姉さんが素敵なチアガールを
集めてくれたり、関連会社の方々が
多数応援に来てくれたりと
大変盛り上がった試合でした。
2011123107.jpg
(きみこ姉さんとチアの皆さん)

皆様ありがとうございました。

今度は是非前泊もしくは
後泊で行きたいものです。




2月13日。

原宿にて「KOOZA」を鑑賞。
2011123108.jpg

シルク・ドゥ・ソレイユは
初めてだったのですが、
心から感動しましたね。

人間の可能性は素晴らしい!




2月14日。

アスリート・ソサエティ主催の
第3回アスリート・デイに出席。

「ロールモデルから学ぶアスリートのキャリア」
というテーマでアスリート・ソサエティの
代表である為末大さん(陸上)と
玉ノ井康昌さん(アメフト)、
戸井田カツヤさん(総合格闘技)、
松下浩二さん(卓球)との対談を聞いた後、
様々な競技の皆様とワークショップを通じて
交流、勉強させていただきました。

こうして様々な競技の
アスリートがつながり、
問題を共有し、解決に向かい
協力していくというのは
とても素晴らしい事だと思います。




2月15日。

偶然、植松電機の植松努社長の
講演を聴く機会に恵まれました。

あっという間の90分。

周りに会社の上司がいたにも関わらず、
何度も何度も涙が溢れました。

世の中から「どーせ無理」という言葉を無くす。

そんな植松さんの気持ちが
痛いほど伝わりました。

僕の人生の中でも
とても大きな出会いだったと思います。

興味のある方は是非植松社長の著作、
「NASAより宇宙に近い町工場」をどうぞ。

きっと、元気と勇気が湧いてくると思います。




2月16日。

高田馬場にていつもお世話になっている
スポーツライターの久保弘毅さん、
白夜書房の齋藤龍太郎さん、
タイツ先生こと吉澤雅之さんと会食。

美味しいホルモンを食べながら
ハンドボールから動作解析まで
深く楽しく有意義な時間を
過ごさせていただきました。

皆様ありがとうございました!




2月19日

日本リーグ和光市大会。

元ハンドボーラーの希野秀樹さんと
大崎オーソル×大同フェニックスの
場内解説を務めさせていただきました。

この日はツイッターでチームや
選手へのメッセージを募り、
ハーフタイムに場内に発表するという
試みを実施してみたのですが、
やはりスポーツとソーシャルメディアの
相性は良いのだなあと実感しました。

試合も大崎が勝利して
非常に気分が良かったです。




2月20日。

江戸川区スポーツセンターにて
オープンリーグに参加してまいりました。

オープンリーグとは、ハンドボールを通じて
身体を動かす楽しみの場を提供するという事を
目的に、所属や年齢、性別を超えた仲間の拡大や、
リーグ戦による「負けても終わりじゃない」という
積極的なスポーツを実感してもらうために
10年前の1998年から行われているもので、
現在は両国ハンドボールクラブを主体とする
オープンリーグ実行委員会の主催で行われています。

この大会の大きな特徴としては、
①チーム構成は参加希望者全員をシャッフルする。
(学校やクラブ単位で参加を希望したとしても、
それぞれバラバラなチームでプレーすることになる。
このため、在校生やOBなど所属校の枠や、
社会人や教員など年齢や職業の枠から
解放された仲間作りをすることが出来る)

②運営費用は参加者が負担する。
(スポンサーなどの援助を頼りにするのではなく、
自分たちが楽しむための費用は自分たちで負担する。
(集めた参加費から会場使用料や審判手当を捻出している))
という、まさに草ハンドボールリーグとも
呼べるようなもので、勝ち負けにこだわるのではなく、
ハンドボールを通じた仲間が、学校の部活動を離れても
年に一度でも楽しくハンドボールをプレー出来る
機会があるということと、年々仲間が増やせるという
素晴らしい大会で、現在僕が開催している
合同練習会もこちらのアイデアを頂いているのです。

中心となって運営をなさっているのは
TV東京で勤務する中川聡さん。
(先日放送されていた
ストリートハンドボール5on5の
解説も務められていました)

こうした活動がハンドボールを
少しずつでも変えると僕は信じています。
2011123109.jpg
(ともに戦った同じチームの方々と)




2月26日。

大崎オーソルのOBで、
現在横浜市ハンドボール専門部長を
務められている佐藤直博さんのご紹介で
横浜市中体連指導者講習会の
講師を務めてまいりました。

指導者、生徒の方々の情熱に
大きな刺激を受けました。

皆様ありがとうございました。
2011123110.jpg
(大学の先輩でもある佐藤直博さんと)




2月27日。

秩父宮ラグビー場にて
ラグビー全日本選手権決勝戦を観戦。

見所たっぷりの攻防に胸が熱くなりました。

結果は応援していた
サントリー・サンゴリアスの勝利。
2011123112.jpg

共に観戦した東佑三&夏山陽平選手も大喜びでした。
2011123113.jpg




3月10日。

国立代々木第二体育館にて
bjリーグ東京×秋田を観戦。

平田研究室の同窓生である
日下部大次郎さんにご招待で
コートサイドで観戦させていただきました。
2011123114.jpg

めちゃめちゃ迫力ありました!

日下部さん、ありがとうございました。




~ つづく ~




P.S.

力不足で思った以上に
まとまりませんでした。

続きは必ず書きたいと思いますので、
今日のところはこの辺でやめておきます。

皆様、良いお年を。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaism.blog77.fc2.com/tb.php/208-7f60efb1

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。