プロフィール

東俊介

Author:東俊介
元大崎電気ハンドボール部
元日本代表キャプテン
1975年生まれ

皆さんこんにちは。
この度シュータスのHPで「アズマイズム」と題したブログを公開させていただくことになりました。
「ism」とは主義や主張、学説などのことをいいます。
つまり「アズマイズム」とは僕の主義、主張です。
ハンドボールを始め、様々なスポーツや出来事について僕が日々感じ、考えた事などを徒然なるままに書きつづっていきたいと思いますので、シュータスのHPを訪れた際には是非ともついでにのぞいていって下さいね。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏み出せばその一足が道となる

皆さんこんばんは。


先日のUFC on Versus2で
五味隆典選手が
タイソン・グリフィンに
KO勝利したのが
嬉しくてたまらない
格闘技マニアズマです。
(もちろん岡見選手の
勝利も嬉しいです!)


あのギラギラしていた
強い五味が帰ってきました。
(髪を金髪に染めて、
「SCARY」で
入場してのこの結果ですから
興奮するなっちゅうのが無理ですね)


人間良いときもあれば、
悪いときもあります。


この長いトンネルを抜けた
五味選手の今後の活躍に期待します。
(近藤も復活してくんねえかなあ・・・)




それでは、近況を。




7月10日。


いつもお世話になっている
大学院の同級生である
江口晃生選手にご招待いただき、
群馬県は桐生競艇場へ。


この日は通常のレースではなく、
大花火大会ということで、
競艇場を無料開放して、
様々なイベントが開催されていたのですが、
いやあ、もの凄い賑わいでしたね。
2010080201.jpg

2010080202.jpg
(大花火大会のポスター)

たくさんの屋台が出店し、
2010080203.jpg
(老若男女問わずに凄い人出でした)

大道芸人がパフォーマンスを魅せ、
ペアボートの試乗会や
(ペアボートの試乗会とは
2人乗りのボートに選手と一緒に乗って、
コースを回らせていただけるというもので、
(普段は公営競技の特性上、
なかなか選手と触れ合う機会を持ちづらい
競艇というスポーツにおいて、
非常に大きな役割を
果たしているのではないかと思います)
僕&華乃子も体験させていただきました。
ちなみに華乃子は小さいので、
江口さんに抱っこしてもらい、
(こんな優しい表情の江口さんは初めて見た!
と群馬支部の選手が驚いていました。
ね? 橋本さん???←決して告げ口ではない)
その実力とルックスで
日本屈指の人気を誇る
山崎智也選手が操縦するボートで
優雅に遊覧させていただくという
この上なく贅沢な経験にご満悦でしたが、
2010080204.jpg
(江口さん&山崎選手と)

僕は江口さんに操縦いただき、
しっかりと恐れずに
挑んでいただいたおかげで
(江口さん、ドSですから・・・)
富士急のドドンパを凌駕する
スピード感と水面の衝撃に
しばし放心状態になってしまいました。
2010080205.jpg
(小さくて見づらいかも知れませんが涙目の僕)

当然、レースの際にはさらに速く、
より強い衝撃を受けるのでしょう・・・
いやあ、ホント、競艇選手は凄いっす!!!
皆さんもペアボートは
一度体験しておくべきですよ!)
ものまねや歌謡ショーに、
(松山千春さんのものまねをした
こんちはるさんには
特に楽しませていただきました)
ウェイクボードや模擬レース、
2010080206.jpg
(模擬レースの解説は我らが江口さん。
とても分かり易くかつ
ユーモアに富んだ名解説でした)

今をときめくお笑い芸人のステージに
(テンゲン(LOVE&JOY)、
Wエンジン(惚れてまうやろー!)、
響(どうもすんませんした!)、
Wコロン(整いました!)、
U字工事(ごめんねごめんねーーー!!!)
という何とも豪華な面子でした!)
最後は40分間に1万発という
(単純に計算して1秒間に4発!)
何とも豪勢な花火で締めくくるという
素晴らしいイベントに
終日楽しませていただきました。
2010080207.jpg
(常にスターマインって感じでした!)


しかし、これだけのイベントを入場無料で
開催するというのは本当に凄いことですよね。


桐生競艇場が地域の方々に果たしている
役割の大きさを改めて知ることが出来て、
(しっかりと地元に利益を還元し、
共生していることを感じさせられました)
非常に良い勉強をさせていただきました。
(ちなみに競艇を統括している
日本船舶振興会内の笹川スポーツ財団は
様々なスポーツへの支援を幅広く行っており、
スポーツ文化の発展にも大きく寄与しているのです。
(僕も昨年の研究ではスポーツ白書をはじめとする
データブックの数々にも大変お世話になりました))


また、江口さんのご紹介で、
関東開発株式会社の笹川和弘会長はじめ、
群馬支部の皆様方ともお話しさせていただき、
大変有意義な時間を過ごさせていただきました。


皆様本当にありがとうございました。


次は10月の全日本選手権(SG)に
(10/6(水)~11(月・祝))
江口さんの優勝を見届けに行きます!




7月11日。


大崎電気体育館にてラージェストの一員として
桜門、荏原、葵、神楽坂クラブの皆様と
ゲーム形式を中心としたトレーニングを行いました。


ラージェストの代表でキャプテンでもある
小野和正さんの音頭で、人数が足りない
チームの選手はそれぞれ別のチームに入って
プレーするなど、終始和気藹々としながらも、
締まった雰囲気で進み、とても有意義な
一日になったのではないかと思います。


皆様お疲れ様でした&ありがとうございました。


今後も継続して
こういうトレーニングを
開催していきましょうね!



あー、そうそう。


カズさんはブログも継続お願いしますね。




7月18日。


大学院の同級生である
新熊さんと千葉マリンスタジアムへ。


新熊さん曰くパ・リーグの中でも
最も完成度が高いというマリーンズの
応援とスタジアムを見学しに行って来ました。
2010080208.jpg


スタジアムの周りには
多彩な屋台がずらりと並び、
2010080209.jpg
(あまりに暑かったので
食べませんでしたが、
勝浦タンタンメンだとか
(御宿の「のり平」みたいな
タンタンメンのことですかね?
夏休みに食ってみようかな・・・)
焼きはまぐりの串焼きだとか
美味しそうなもんが
たくさんありましたねえ。
次は冬に行って思いっきり食べたいです。
↑オフシーズンだっつうの!)

スタジアムの正面入り口付近では
チアガールの皆さんを中心に
イベントが開催されていたり、
(この日はファンクラブの
皆さんが大きなフラッグに
応援メッセージを書き込んでいました)

グッズや球団の歴史などを見ることが出来る
ミュージアムが併設されていたりと、
2010080210.jpg

2010080211.jpg
(実物大のフェンスやSBOボードなど
マリンスタジアムの雰囲気を楽しめる!)

2010080212.jpg
(歴代のユニフォームや・・・)

2010080213.jpg
(ペナントも展示されていました)

2010080214.jpg
(こちらはミュージアムの外ですが、
2005年シーズンの日本一や
アジアシリーズの優勝など
6冠獲得を記念したモニュメント。
(他には交流戦、イースタンリーグ、
ファーム日本選手権、パ・リーグ優勝)
当時の在籍スタッフ・選手全員の
手形と直筆サインが入っている!
大崎も4冠獲得したら作って欲しいなあ)

試合前から楽しめる要素が盛りだくさん。


中でも僕が最も楽しませていただいたのは、
世界一低いアンダースロー投手として有名な
ミスターサブマリン・渡辺俊介投手の
球筋を体験出来るバッティングマシンです。


地上約3cmから放たれるボールは
ただでさえ野球が得意ではない
僕にとってかなり難易度が高かったですが、
(ホント、下から浮き上がってくる感じですからね)
こういうアイデアとそれを実行する行動力が
マリーンズのファン目線の素晴らしさを
あらわしているなあと感心させられました。
(だって、マリーンズファンなら
一度は渡辺俊介選手のボールを
打ってみたいと思うでしょうからね。
マシンに出来るかはともかく、
この考え方はハンドボールはじめ
他競技にも活かせそうですよね)
2010080215.jpg
(俊介(渡辺)に挑む俊介(東)。
結果は俊介(東)の惨敗でしたわ・・・)

2010080216.jpg
(こちらは俊介(渡辺)×康助(新熊)。
新ちゃんはかなり良い当たりを
かっ飛ばしてましたねえ!)


スタジアムの内部もIKEAが
提供するキッズコーナーや、
2010080217.jpg

日本一美味しいスタジアムラーメンの
名を欲しいままにしている「ちば魂」、
2010080218.jpg
(人気抜群で行列が途絶えない!
その日の対戦相手によって
特別なメニューが提供されるそうです)

2010080219.jpg
(こちらは特製冷やしラーメン。
本来であれば看板メニューの
「マリーンズ魂ラーメン」を
食べたかったのですが、
とにかく暑くて・・・←根性無し
次回は必ず魂ラーメンを食うぞ!)

色々なお酒を楽しめる
バーカウンターなど
訪れたファンを楽しませるための
工夫がそこかしこにされていましたし、
もちろんスタジアムの中も
海が見え、潮風を感じる
とても心地よい空間でした。
2010080220.jpg


試合のほうは終始マリーンズが
主導権を握っていたこともあり、
大変な盛り上がりようで、
12球団でも1,2を争うと言われる
一体感のある応援には感動させられました。
2010080221.jpg
(マリーンズの攻撃時には
ライトスタンド全員が総立ち。
全員が大声を出して応援していました。
(これは一種のアートですね)
決して大げさではなく
スタジアムが揺れていました)

2010080222.jpg
(7回の攻撃前のロケット風船。
みんなで一緒に
何かするって楽しいですよね)


野球って、本当に
楽しいなあと感じさせられました。




さて。


今でこそこんなに盛り上がっている
マリーンズですが、ちょっと前までは
弱小不人気球団でした。←失礼


それを他球団に先駆けて
2005年当時の事業部長であった
荒木重雄氏が中心となり、
CRMを導入することで
(CRM=Customer Relationship Management
顧客関係管理のこと。顧客のニーズや
特性を把握、分析し、それぞれに
最適なマーケティング手法を考え、
顧客満足度を高めることでリピーター化、
固定客化し、収益の安定を図る)
トリプルミッションでいう
普及と市場化を実現し、
勝利へとつなげていったのです。


確かに野球と
ハンドボールでは
規模が違います。


資金、認知度、競技者数、
ファン人口などあらゆる面で
大きな差があります。


しかし、競技における
トップリーグ、トップチームであるならば、
プロ・アマチュアに関係なく
ただ試合をして勝った負けただけではなく、
観戦に訪れた顧客がナニを求め、
望んでいるのかを把握、分析し、
それを提供するための努力をすべきだと思います。


ハンドボールをプレーしている子供達に
いつかあの舞台に立ちたいという夢を抱かせる。


欲を言えばハンドボールを
プレーしていない子供達が
その舞台に立ちたいがために
ハンドボールを始める。


トップリーグ、トップチームとは
そんな舞台でなければ
ならないのではないでしょうか。


理想かも知れませんが、
お金をかけなくても出来ることは
たくさんあると思います。


道のりは果てしなく
遠いかも知れませんが、
一歩踏み出さなくては進めませんし、
絶対に辿り着けません。


出来ない理由を並べる前に、
出来ることからやっていく。


地道に、粘り強く。


出来る出来ないじゃない。


やるかやらないか。


改めてそう感じさせられた夜でした。




P.S.

先日、いつもお世話になっている
富士見市体育指導員委員会の谷澤誠会長、
発するFMの上杉真由美さんをはじめ
地域の皆様方に7月に開催された
実業団選手権の優勝祝賀会を
谷澤会長の弟さんが経営する
「ほまれ庵」さんにて
開いていただきました。

谷澤さん、上杉さんはじめ
皆様ありがとうございました。

参加してくれた選手も
お疲れのところありがとう!

また祝勝会を開催出来るように頑張ってください!




(おまけ)

2010080223.jpg
桐生競艇場でいただいた
名物のソースかつ丼。
さくっと揚がったカツに
甘めで後を引くソースが
染み込んでいて旨い!
次は寄り道して太田焼きそばも
食べに行きたいなあ・・・

2010080224.jpg
祝勝会でご一緒させていただいた
BOXFIGHTの川中清史選手。

BOXFIGHTとは
僕の中学時代からの友人である
元キックボクサーの拳士が代表を務め、
8/25(水)にK-1ヘビー級でも活躍した
天田ヒロミ選手と天才・須藤信充選手の
カードをメインに後楽園ホールで旗揚げする
新しい立ち技格闘技団体で、
川中選手はセミファイナルに出場します。

ボクシングでインターハイ準優勝という
実力はもちろん、魔裟斗選手にも似た
イケメンっぷりで今後間違いなく
人気が出るでしょうから、
皆さん要チェックっすよ!!!




スポンサーサイト

コメント


あんなに楽しいのにハンドボールの面白さって中々伝わらないですよね。
気軽にハンドボールが出来る施設や環境が欲しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

年間試合数、アピール力、試合開場の利便、引退した選手への配慮(プレーオフの後に花束の贈呈程度をしてもいいのでは・・)試合以外の娯楽… やはり、(資本の投下の有無は別として)ハンドボールは改善・修正すべき点は沢山あると思います。普及まではまだまだ長い道のりだと思いますが、がんばってください!

私も

私も出来ることを手伝います。
いつでもメールください。笑

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaism.blog77.fc2.com/tb.php/198-1e2d54a7

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。