プロフィール

東俊介

Author:東俊介
元大崎電気ハンドボール部
元日本代表キャプテン
1975年生まれ

皆さんこんにちは。
この度シュータスのHPで「アズマイズム」と題したブログを公開させていただくことになりました。
「ism」とは主義や主張、学説などのことをいいます。
つまり「アズマイズム」とは僕の主義、主張です。
ハンドボールを始め、様々なスポーツや出来事について僕が日々感じ、考えた事などを徒然なるままに書きつづっていきたいと思いますので、シュータスのHPを訪れた際には是非ともついでにのぞいていって下さいね。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あったけぇ・・・最後の最後・・・あったけぇ

皆さんこんばんは。





先日読んだ「最強伝説 黒沢」の

10巻と11巻に強い感銘を受けた東です。

(「最強伝説 黒沢」は「銀と金」、「天」、「アカギ」、

「カイジ」などの名作を描いた福本伸行先生の作品。

ちなみに最強伝説といっても格闘技の話ではない)

 



黒沢さんには男の生き様ってヤツを

まざまざと見せてもらいましたね。

(電車の中で読んでて

涙が止まんなかったですからね)



最初の頃は、

何じゃこのマンガは?!

と思っていたのですが、

最後の最後には人間とは、

そして男とはどう生きるべきなのかを

改めて考えさせられました。



僕はこの作品に「武士道」を

感じさせられました。←大げさ



男性の方は騙されたと思って

試しに一度読んでみて下さい。

(差別するわけでは無いんですが、

あまり女性受けは良くなさそうです)



きっと、全て読み終えた後に

熱い何かが残ると思いますから。









~ハジメの一歩④~





大会当日。



会場である東京体育館に入ると、

まずは有名な「極真」と書かれた

垂れ幕が僕を迎えてくれました。

 



この垂れ幕は日本書画振興協会理事や

日本文化振興会名誉会長など

数々の肩書きをお持ちになっている

書道家の野呂雅峰(のろがほう)氏が

1995年に開催された

第6回世界選手権の決勝戦前の

(優勝:八巻建志、準優勝:数見肇)

イベント・デモンストレーションとして

揮毫(きごう。毛筆で文字や絵をかくこと。

また、知名人が頼まれて書をかくことをいう。

ちなみに「揮」はふるう、「毫」は筆という意味)

されたもので、幅4m50cm、

長さは何と10mもあるそうです。



その巨大な極真の文字の下。



2日間に渡って日本一を争う

選手の数は、何と128人。



優勝するまでには、

初日に2回戦までの2試合、

2日目には3回戦から決勝戦の

5試合(2日間で7試合!)を

戦わなくてはならないという

何とも過酷なトーナメントなのです。

(試合形式は2回戦までが本戦2分、

延長戦2分、体重判定(有効差10kg)、

再延長戦2分で行われ、

3回戦以降は本戦3分の後、

延長2分、再延長戦2分、体重判定、

試割り枚数(厚さ2.4cmの

杉板を正拳、足刀、猿臂(肘打ち)、

手刀の4種類の技で割った合計枚数。

試技は3回戦の開始前に行われる。

ちなみに今までの最高記録は

第24回全日本選手権で

阿部清文氏が成功した31枚)、

審議の順で勝敗が判定される)



ハジの試合は33試合目だったので、

(何せ1回戦だけで64試合ありますからね)

しばらくの間、注目選手を中心に

試合を観ていたのですが・・・す、すげぇ!



相手の攻撃を最小限しか避けず、

互いに力の限り殴り、蹴り合う二人。

(2分という短時間の中で相手の攻撃を

避けていては自分が攻撃できないのだそうです)



厳粛な雰囲気の会場に

(「格闘技」より「武道」という

言葉が似合うような気がします)

響きわたる肉と骨を打つ鈍い音。

(音を聞いているだけで痛い!)



以前にTV画面を通して観た時とは

全く異なる迫力に僕の細い目は

あっという間に釘付けになってしまったのですが、

(何事も「生」で見るのがやっぱり一番ですよね)

それと同時にハジが心配にもなってきました。



あいつ、ボコボコに

やられちまうんじゃねーか・・・?



そんな僕の不安は6試合目の

山本哲平選手(千葉北支部)と

大浦敏行選手(石川地区)との

一戦でさらに膨らむ事になります。



大浦選手は石川地区の選手。



つまりハジとともに練習している仲間なので、

この試合を見れば、ある程度ハジの実力が

はかれるんじゃないかなと考えていたのですが、

結果は山本選手が圧勝(本戦5-0)を収めます。



山本選手は期待の若手として

パンフレットにも名前が挙げられていた

選手ですが、実績でいえばハジの対戦する

市村選手のほうが遥かに上を行くわけです。



これはマズイな・・・



と思っていると、目の前で

森善十朗選手(この選手は面白い!

いずれK-1MAXなんかに

出てくるかも知れませんね)が

強烈な膝蹴りで対戦相手を失神KO!



そのあまりの強さと激しい試合に、



おいおい・・・大丈夫か?

下手すりゃ、殺されるんじゃねーのか・・・?



と、さらに不安を募らせていると、

ウォーミングアップスペースに

試合を控えたハジが姿を現しました。



自分が試合に出場するわけでも無いのに

勝手に緊張しまくっている←チキン

僕をヨソに、軽くシャドーを繰り返す

ハジは随分と落ち着いているように見えました。



覚悟を決めた男ってのは、

こういう貌になるんだろうな・・・



そんな事を考えているうちに、

いよいよハジと市村選手が

試合場に呼び出されました。



ハジの表情を見て、さっきまでの

不安が期待に変わった僕には

試合場に向かうハジの背中が

やけに眩しく見えたような気がします。



試合が始まると、序盤から下段蹴りと

左右の突きで積極的に攻め込むハジ。



その全く臆するところが感じられない

堂々とした戦いぶりに僕は驚きました。



ハジ、すげー強ぇーじゃん!



対する市村選手も単発的に

突きを返してきたものの、

僕の素人目からはハジのほうが

手数が多かったように感じました。



あっという間に本戦の2分間が終了。



勝敗は判定に委ねられましたが、

(判定は主審1名、副審4名のうち

3名以上の支持があった場合に有効となる)

この時点で僕はハジの勝利を確信していました。

(かなり身びいきもあったのかも知れませんが、

明らかにハジの方が押しているように見えた)



しかし、上がった旗は2本。



しかも、市村選手の勝利を支持していました。



釈然としない思いを抱えつつも、

延長戦でハジが勝利する事を信じていたのですが、

序盤から飛ばし続けたハジと

ペース配分を考えながら試合を運んでいた

市村選手とのスタミナの差が徐々に表れ、

押され気味の試合展開に。(さすがベテランですね)



それでも気力を振り絞り、

最後の瞬間まで決して

手を休めることなく

攻撃を続けたハジでしたが、

延長戦での判定は0-4。



残念ながら全日本選手権での

初勝利を飾ることは出来ませんでした。



しかし、本当に良い試合でした。



空手って凄いな、面白いな

と、心から思いました。

(今までは何となく地味な

印象を抱いていたのですが、

是非また観に行きたいと思いましたね)



そのまましばらく他の試合を見ていると

ハジは道着を着替えることもせずに、

観客席の僕のところに来てくれました。



せっかく応援に来てくれたんに、ごめん・・・。



ついさっき激闘を終えたばかり。



しかも納得のいっていないだろう敗戦の後に

まず応援に来た僕の事を考えて挨拶に来てくれた

ハジの言葉に、心に、そして血の滲んだ分厚い拳に

僕は涙がこぼれそうになるのを堪えながら、←最近涙もろい





いや・・・すげーカッコ良かったよ。



お前、本当にすげーよ! 俺、マジで感動したもん。







照れ隠しに笑いながら、そう言いました。







ハジは、



悔しいけど、今出せる全部は出し切れたと思う。



空手始めた頃はまさかこんな舞台に立てるなんて

思ってもみなかったし、良い経験になったよ。





と、充実した表情で語りました。







その後、二人でガキの頃の

思い出話に花を咲かせていると、

数名の子供が駆け寄ってきました。



子供たちはハジを真っ直ぐに見つめると、



押忍! 宍戸選手サインよろしいですか?

(みんな小さいのに本当に礼儀正しい!)



そう言って色紙を差し出しました。





・・・え? サイン?? 俺の???





と、戸惑いを隠せない様子のハジ。





押忍。 師範との試合、すごく良い試合でした。





話を聞くと、その子供たちは

何と市村選手が指導する

城西下北沢支部に所属している選手で、

ハジと市村師範の試合を見て、

ハジのファンになったのだということ。

(こんなんバレたら市村師範に

怒られんじゃねーの?と僕が心配すると、

師範はそんな小さい人間じゃありません、押忍!

と軽くたしなめられてしまいました←老婆心)

 



生まれて初めてだというサインを書き終え、

子供たちにこれからも応援してます!という

言葉をかけられたハジは先ほどまでとは

また別の表情を浮かべているように見えました。







アズ、やっぱ俺、悔しいわ・・・

(ハジは僕の事をアズと呼ぶのです)







・・・当たり前や。



負けて悔しくなくなったら

辞めたほうが良いやろう?



でも、本当に良い試合だったんだと思うよ。



子供っつーのは正直なもんだしね。



しかも対戦相手の直弟子が

サイン貰いに来たんやぞ?!



見てる人は見てるんだよ。



お前の戦いぶりがそんだけ

素晴らしかったって事なんじゃねーか?







・・・そうかな。 



実は俺、今大会を最後に

引退しようかなとも考えてたんだけど・・・



もう一回頑張ってみようと思う。



やっぱ、このまま終わりたくねーし。







そっか・・・



まー、俺も頑張るよ。



また年末にでもゆっくり飲もうや。







そうやね。



今日は本当にありがとう。







俺のほうこそ。



良いもん見せてもらったよ。



そんじゃー、またね。









こうして、僕とハジの初めての

全日本選手権は幕を閉じました。

(僕は初観戦、ハジは初出場←一緒にすんな!)



22歳から9年間空手を続けてきて、

今年やっと辿り着いた全日本選手権。



夢の舞台で、己の全てをぶつけきって

なお勝利することが出来なかったハジ。



市村選手との試合を終えた直後のハジは

僕にはどこか満足しているように見えました。



ひょっとすると、心のどこかで

ハジはこの大会に出場することを

自らの集大成なのだと考えていたのかも知れません。

(生意気言ってしまって本当に申し訳ないですが)



しかし、あの子供たちの言葉が、

ハジの心を動かしたのではないかと思います。



今日初めて出逢った子供たちの、



良い試合でした。これからも応援してます!



というひと言が。





何気ないひと言が心を大きく動かすことがある。

(言葉というのは本当に大切なものですね)



あのひと言が、この大会を

ハジにとってのゴールではなく

新たなスタートに変えたのだと

言えるのではないでしょうか?





終わりではなく、はじめの一歩に。





まだまだこれからも自分らしく、

一歩一歩努力を積み重ねていって、

そして、いつかハジが本当のゴールを迎える時には

僕もその場に立ち会っていたいものだと思います。





お互い、やれるところまで頑張ろうや!





なぁ? ハジ。

 







~おしまい~









P・S



土曜に大学時代の先輩である

天野祐二さんの結婚式の

3次会に出席してきました。



その日は東京ドームまで

K-1GPを観戦しにいっていたので、

 

2次会には間に合わなかったんですが、←薄情

(詳しくは大崎のオフィシャルサイトをご覧ください)

良彦さんはもちろん荒谷さん、高瀬さん、伊藤さん、

高尾さん、斎須さん、高校の先輩でもある山形さん

なんかにも久しぶりにお会いできて最高に楽しかったです!

(RAZEの皆さんも是非また飲みましょうね!)



ただ、締めの「康竜」は余計だったかも・・・

 

(替え玉までしちゃったからなぁ~・・・

これで今週もまた頑張らないと!!!)





最後になりますが、祐二さん、宜子さん

ご結婚本当におめでとうございます。





末永くお幸せに!

 







スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大会での試合は、現役の人曰く、骨折してる事も気付かない位壮絶な戦いなんですよね。そして空手習ってる子供達って本当礼儀正しいですね。後からサイン貰いに来た辺りとても微笑ましいですね。子供達に勇敢に戦ったハジさんの姿が熱く伝わった結果だと思います。
これからも東さんとハジさんお二人バシバシ励ましあって応援しあって下さい!

最高ですねぇ

おはようございますhttp://blog77.fc2.com/image/icon/i/F89F.gif" alt="" width="12" height="12">朝からAzumaizm読ましてもらって元気もらいましたぁhttp://blog77.fc2.com/image/icon/i/F9CC.gif" alt="" width="12" height="12">やっぱり、スポーツって最高ですねぇhttp://blog77.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12">http://blog77.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12">(極真ってスポーツなのかなぁhttp://blog77.fc2.com/image/icon/i/F9C8.gif" alt="" width="12" height="12">)スポーツってテレビなんかで見るより生で見たほうが絶対にいいですよねぇhttp://blog77.fc2.com/image/icon/i/F9CF.gif" alt="" width="12" height="12">ハジさんの勇敢な姿にファンになった子供達みたいに、自分は、ハンドボールやってる東さん見てファンになりましたからhttp://blog77.fc2.com/image/icon/i/F9CF.gif" alt="" width="12" height="12">

すごい

会社で読んでいるのにウルウルきてしまいました…。
ハジさんの戦う姿に子供達の心が動かされ、その子供達の言葉にハジさんの心が動かされたのですね~。
そして、このシリーズ(?)を書くにあたり、きれいに「はじめの一歩」とまとめている東さんの文章センスにも脱帽です。。

めっちゃ感動☆

大変!!今感動中~(Τ。Τ)
ハジさんとのやりとり目に浮かびますッ。
何かに頑張ってる人は人をも動かすんですね☆
何が出来るか分かりませんが、とりあえず目の前のコトを一生懸命やっていきたい!!とそう思いました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaism.blog77.fc2.com/tb.php/19-fccd2157

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。