プロフィール

東俊介

Author:東俊介
元大崎電気ハンドボール部
元日本代表キャプテン
1975年生まれ

皆さんこんにちは。
この度シュータスのHPで「アズマイズム」と題したブログを公開させていただくことになりました。
「ism」とは主義や主張、学説などのことをいいます。
つまり「アズマイズム」とは僕の主義、主張です。
ハンドボールを始め、様々なスポーツや出来事について僕が日々感じ、考えた事などを徒然なるままに書きつづっていきたいと思いますので、シュータスのHPを訪れた際には是非ともついでにのぞいていって下さいね。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画倒れ

皆さんこんばんは。


このブログの百回記念企画として、
タイトルへの質問を募集したものの、
(2008-05-03「そりゃないぜセニョール」参照)
全く反響がなかったことに
ちょっぴりへこんでいる東です。
(そりゃないぜセニョール&セニョリータ・・・)


それでは、唯一の質問であるyukiさんの
「エイプリルフールだったのか!」について。


これは4月1日のエイプリルフールに
インリン・オブ・ジョイトイさんの
結婚がいったん発表されたものの、
その後本人によって否定されたことを受けたものです。
(ささきぃさんのついたウソにも
ビビってたじろがされましたけどね)


ちなみにこれの前フリになっている
(インリンさんの結婚に触れている)
2008-04-03「マーフィー」では、
「花見へと 行こうとした日に 雨が降る」
という部分に「マーフィーの法則」が
かかっているだけではなく、
前キャンの結婚式のことが書かれているため、
前キャンの昔のあだ名である「マーフィ」
(エディ・マーフィに似ていると言われていたことから。
ちなみに太一さんはいつも間違えて
「マーフィン」と呼んでいたのですが、
それじゃーあんた「朝マック」でしょうが!)
にも絡めてあったり、世界のナベアツのネタをパクった
2008-03-26「新婚さんいらっしゃい!の司会者は?」では、
桂三枝師匠の落語の弟子には全員「三」がついている事と、
函館カップの事を書いたため、三枝師匠が函館大学の客員教授に
就任されているということにかけてあったのですが・・・


独りよがりとはまさにこの事ですね。
(わかる人だけわかればいいと思っていたら
誰もわかんなかったって感じですか・・・?)


今後はもっとわかりやすいブログ目指して
日々精進していこうと思いますので、←口ばっかり
今後とも宜しくお願いいたします。



それでは、いつものように近況を。




5月18日。


HC東京のツッツと一緒に
バスケットボール女子日本代表の
応援に代々木第二体育館まで。


今回僕らが観戦したのは、
6月にスペインで行われる
北京五輪最終予選に向けた
壮行試合だったのですが、

壮行試合!
(日本代表候補×リトアニア代表)
僕とツッツの一番のお目当ては、
JALラビッツの矢代直美選手と
大熊改め石塚利恵トレーナーでした。
(2008-04-26 「今己口言一口心白」参照。
石塚さん、チケットありがとね!)

お目当て・・♪
(矢代直美選手)


相も変わらずの二日酔いで
遅刻してきたツッツをよそに
(毎回先輩を待たせやがって・・・
縦社会のルールを知らんのか?!!)
まずは応援メッセージを書き込み、

日本代表応援フラッグにメッセージを書き込む少年少女たち
(日本代表応援フラッグにメッセージを書き込む少年少女たち)

試合開始時間ギリギリになって
やっとこさ会場に到着したツッツと2人で
矢代さん&石塚さんの応援ボードを作成。

応援ボード
(コレがその応援ボード。
(裏には「オオクマ改めイシヅカ」と書いてある)
ちなみにツッツのボードにはきったねー字で
「直美キャンベル」と書いてあった←ベタやのう)


試合前から大きな日の丸を広げて
盛り上がるサポーターの皆さんと一緒に、

日の丸を広げるサポーターの皆さん
(日の丸を広げるサポーターの皆さん)

自作のボードを掲げながら、ラビッツの
選手からいただいたエアースティックを
針の穴を通す・・
(エアースティックと矢代さんが
針の穴を通すようなコントロールで
スタンドに投げ入れてくれたサインボール。
(ちなみに矢代さんが投げたボールにも
関わらずサインは畑選手のものでした))
バシバシ叩いて思いっきり応援してきました。
(しかし、楽しみにしていたハーフタイムショーで
チアガールではなく、「チアボーイ」が現れたのには
正直がっかりさせられましたね・・・←不純
(どーもチアガールが見当たらねーと思ったんだよなぁ)
いや、見ているうちに男性ならではの
力強いパフォーマンスに驚き、
楽しませてはいただきましたけど。
(イケメンが多かったから女性には良かったかも))

SHOCKERSの皆さん
(日本で初めて男性のみで結成されたという
早稲田大学チアリーディングチーム
「SHOCKERS」の皆さん。
確かに「ショッカー」のような動きでしたわ)


試合のほうは196cmの
ディアナ選手をはじめ、
190cmを超える選手を3人擁し、
平均身長181.3cmを誇る
リトアニアの高さと巧さに苦戦。


第4Q残り10分まで10点の
ビハインドを背負っていた日本でしたが、
残り3分を切ったあたりから吉田選手を中心とした
アグレッシブなDFで徐々に点差を詰め、
残り40秒で2点差にまで追い上げると、
残り7秒、矢野選手の3Pでついに逆転に成功!!!
(会場が総立ちになりましたね!)


再逆転を狙うリトアニアのOFも
相澤選手がうまくファウルを誘い、
(あのDFは巧かったなぁ~)
獲得したフリースローを確実に2本決め、
66-63で見事に勝利しました。


お目当ての矢代さんは
出場時間こそ少なかったものの、
OF、DFともにさすがの
存在感を見せ付けるプレーで、

矢代さん♪
(スクリーンをかける矢代さん)
日本代表に必要不可欠な
選手だということを証明していましたし、
(矢代さんは後日発表された日本代表の
最終メンバーにめでたく選出されました。
是非とも2大会連続となる五輪出場を!)
何よりすんげー面白い試合でした。
(最後はホントに鳥肌たったもんなぁ~)


矢代さん、石塚さんはじめ
女子バスケットボール日本代表の皆さん、
北京五輪目指して頑張ってください!
頑張ってください!




さて。


この日はバスケだけではなく、
有明コロシアムで開催された
総合格闘技「戦極~第二陣~」の
観戦にも出かけてきました。
(いわゆる「はしご」ってやつですね)

有明コロシアム
(有明コロシアム)

戦極~第二陣~のパンフレット
(戦極~第二陣~のパンフレット)


有明コロシアムは初めてだったのですが、
なかなか雰囲気のある良い会場で、
座席も思っていた以上にリングと花道に近く、
(招待してくれたJ-ROCKの文屋さん、
富岡さん、ありがとうございました!)
試合前からかなりテンションが上がりました。
(煽り映像や演出も佐藤&立木テイストとは
また違った感じで、これからが楽しみですね)

ジョシュ
(試合前の全選手入場式で
ファンの声援に応えるジョシュ)


今大会は旗揚げ戦で吉田秀彦を下した
ジョシュ・バーネットとPRIDEの
最終興行となったPRIDE34で
藤田和之からタップを奪ったジェフ・モンソンの
一戦をメインイベントに、重病からの復帰戦となる
ケビン・ランデルマンにパンクラスの超新星、
川村亮が挑む試合など、通好みのカードが
並べられていたのですが、何といっても僕の注目は
次世代グレイシー最強と言われるホジャー・グレイシーの
日本デビュー戦の相手に急遽抜擢された近藤有己でした。

川村×ランデルマン
(川村×ランデルマン)

モンソン×ジョシュ
(モンソン×ジョシュ)


僕が近藤の試合を生観戦するのは4年前の夏、
PRIDEGP2004のセミファイナルで、
ヴァンダレイ・シウバにKOされた時以来でしたが、
(ヴァンダレイといえば、先日行われた
UFC84でキース・ジャーディンを相手に
秒殺KOで見事移籍後初勝利を飾ったそうですね!
しかし、日本で当たり前のようにヴァンダレイの
試合が観られていた時代が懐かしいですよね・・・
(今考えりゃ夢のような時代だったなぁ・・・)
ちなみにコレは1度目の桜庭戦を終えたばかりで、
まだ一般的な知名度が低かった頃のヴァンダレイとの1枚。

ヴァンダレイとの1枚
(隣は後に第3代パンクラスヘビー級
チャンピオンにもなったアスエリオ・シウバ)
・・・いや、自慢してんのかと問われれば、
そのとおりだとこたえますが、ナニか?)
残念ながら今回も近藤は敗れてしまいました。
(1R 2:40 チョークスリーパー)
(もしかして俺のせいなのかなぁ?←おそらく関係ない)


確かに体格差は大きかったと思いますが、
(近藤180cm/87.4kg、ホジャー193cm/102.6kg)
にらみ合う近藤とホジャー
(にらみ合う近藤とホジャー)

それ以上にホジャーの強さが際立つ試合で、
(あのポジショニングは脅威だよな・・・)
強者のオーラを身にまとうホジャー
(強者のオーラを身にまとうホジャー)
何でこの試合をうけたんだよ!!!と
思わずツッこみたくなるくらい悔しかったです。
(格闘技で応援している選手が負ける度に、
大崎を応援してくれているサポーターの方々の
悔しさを思って本当に申し訳なくなります・・・)


しかし、以前近藤はやはり体格差の大きい
ジョシュ・バーネットと対戦した後、
飛躍的に強くなった実績があるので、
(菊田早苗、マリオ・スペーヒー、
シャノン・ザ・キャノン・リッチなどの
強豪選手(一人は違うだろ!)を次々に倒した)
今後の近藤の巻き返しに期待したいと思います。


頑張れ! 近藤有己!!!


・・・ってゆーか、俺も頑張れ!!!!!




P・S

今回、戦極に招待してくれた
J-ROCKの文屋晴暁さんは、
岩手県の下小路中時代にJOCカップで
オリンピック有望選手に選ばれ、
その後も盛岡一高、早稲田大で活躍され、
現在も東京都クラブリーグに加盟している
FSTでプレーするハンドボーラーなのです。
(ちなみに大輔や猪妻、カツ、タケシと同級生)

文屋さん、今後も宜しくお願いしますね!
文屋さん♪




(おまけ)

おまけ

未だ酒が抜け切らず、
口から異臭を放ちながら
戦極ポーズをかますツッツ。


一、十、百、戦極!戦極!!!


・・・ちゃんと、せーまー!




スポンサーサイト

コメント

インリン好きなんですか?

今朝のニュースでも、インリンが年内に結婚と
ほのめかしてましたよ(笑)

バスケ、いい試合だったんですね。
バスケの観戦をしたことがないので、
一度は見て見たいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

HC東京

HC東京は今どのような活動をなさっているのか、東さんはご存知でしょうか。どうやらホームページも閉鎖されたようなので、チームが無くなったのかと思っていたところです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaism.blog77.fc2.com/tb.php/106-25d6fcdd

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。