プロフィール

東俊介

Author:東俊介
元大崎電気ハンドボール部
元日本代表キャプテン
1975年生まれ

皆さんこんにちは。
この度シュータスのHPで「アズマイズム」と題したブログを公開させていただくことになりました。
「ism」とは主義や主張、学説などのことをいいます。
つまり「アズマイズム」とは僕の主義、主張です。
ハンドボールを始め、様々なスポーツや出来事について僕が日々感じ、考えた事などを徒然なるままに書きつづっていきたいと思いますので、シュータスのHPを訪れた際には是非ともついでにのぞいていって下さいね。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風は一人で吹いている

皆さんこんばんは。





先日、中学時代からの友人である

キックボクサー・拳士選手の

(旧アズマイズム #0050 ヤンキー 参照)

試合を観に、ディファ有明まで行って来ました。

 





残念ながら応援していた

拳士選手は、廣野選手に3R判定の末、

惜しくも敗れてしまったのですが、

 

(気持ちが前に前に行き過ぎて

しまっていたように見えましたね・・・

しかし、ローキックなどの鋭さが

増していて、今後が楽しみです。←偉そうに

次も応援に行くから、頑張れ!!!)

今回、一番僕の印象に残ったのは、

ファイヤー原田という選手でした。

(あと、ラウンドガールの前原あいちゃんね←不純)

 





他の選手がHIPHOPやハードコア系の

ちょいワルな音楽でカッコ良く入場する中、

現在の性格のほとんどは子供の頃に見た

「スクール☆ウォーズ」に形成されたという

(ちなみに「スクール☆ウォーズ」とは

京都市立伏見工業高校ラグビー部を舞台に

同部監督である元日本代表の山口良治氏と

生徒たちの戦いの日々が描かれた小説、

「落ちこぼれ軍団の奇跡/馬場信浩」を

基に制作されたTVドラマ(フィクション)です。

(ドラマでは川浜市立川浜高校の

滝沢賢治監督を山下真司さんが熱演)

もし、まだ観たことが無いって方には、

是非とも一度観ることをお薦めします。

きっと、「One for all , All for one」の

大切さを感じ、熱い涙を流す事が出来ますよ!)

ファイヤー選手はドラマの主題歌である

麻倉未稀の「HERO」で観客を煽りながら入場。

(♪ 愛は奇跡を 信じる力よ~ってやつですね。

これがまたすんげー盛り上がるんですよ~!)





観客のハートをがっちり掴むと、

試合でもがむしゃらに相手に向かっていき、

(不器用ながらも、気持ちごと

ぶつかっていくって感じでしたね)

会場のファンを大いに沸かせます。

 





僕が見たところ、ファイヤー選手は、

お世辞にも決して技術的に

優れているようには見えないのですが、←失礼!

その気合いと愛すべきキャラクター(一部では

「キック界の高見盛」と呼ばれているそうですが、

僕としては、「キック界のミノワマン」の方が

似合っていると思います)に、初めてファイヤー選手を

見る僕はもちろん、他の選手を応援しに来た

観客の皆さんも一気にファイヤー選手の応援に。

(完全に観客を味方につけちゃいましたね)





ラウンド間のインターバルでは、

セコンドのアドバイスに大きな声でうなずき、

試合中にファンから声援がかかれば、

気合いでそれに応えるファイヤー選手。





3Rが終わり、判定で勝利すると

まるで世界チャンピオンにでもなったかのように

大きなガッツポーズをし、踊り狂うファイヤー選手。

(勝利後のファイヤーダンスとして有名なんだそうです)





その心底嬉しそうな姿に、

(本当にキックボクシングが

大好きなんだなってのが伝わりました)

会場からは暖かい声援と

惜しみない拍手が送られました。





鳴り止まない拍手の中、

応援してくれた観客に

涙まじりのくしゃくしゃな笑顔で

勝利の喜びと感謝の気持ちを

全身で伝えながら花道を去っていく

ファイヤー選手の姿は

ホント、最高にカッコ良かったです。

(かっこわるいってことは、

なんてかっこいいんだろう!!!)





僕はこのファイヤー選手の

一挙手一投足にひたむきさと

一人の人間としての魅力を感じました。





確かにファイヤー選手が

もの凄く強い選手なのかというと

そうではないのかも知れません。

(本当に失礼ですが)





しかし、そのキャラクターと

キックに対する真っ直ぐな思いは

会場の観客に元気を与えてくれました。





もちろん、僕にも。





是非また、ファイヤー選手の

試合を観てみたいなと思いました。





これが、これこそがプロですよね。





初めて来たお客さんに自分を印象付け、

また会場に足を運びたいと思わせる。





僕も、そんな風に観客に気持ちが伝わる

プレーをして、しっかりお客さんを

会場に呼べる選手にならなくては

いけないなと改めて感じた東でした。









それでは、今日はこのへんで。









P・S



キックボクシングを観に行った後、

八潮の「Sushibar 伸吉」で

いつもお世話になっているTさんに

美味しいお寿司をご馳走になってきました。

 



お寿司以外にも厚岸のむき牡蠣や、

タコのから揚げ(吸盤が美味い!)など、

最高に美味しいおつまみと、陽気な大将のトークに

心から楽しい時間を過ごさせていただきました。





Tさん、大将、本当にご馳走様でした!

 





武藤さんは是非とも試合観に来てくださいね!







あと、前回のブログに関してたくさんの

コメント本当にありがとうございました。



皆さんの応援や叱咤激励、

色んな意見をしっかりと受け止め、

来期に向けまた頑張っていこうと思います。









スポンサーサイト

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。